■転職を決意するまで

わたしのはじめての転職活動は、看護師になってから二年目のことでした。

その時は、総合病院の内科外科病棟で正看護師として勤務していました。急性期の病棟だったのでとても忙しく、三交代や毎日の残業で、身体はへとへと……。そんなときにわたしは体調不良で仕事中に急に倒れてしまったのです。

師長さんに「少し休みなさい」と言われて、わたしは何日か自宅療養しました。

もし、倒れた時に患者さんを抱えているとこだったら、処置の最中だったらと考えると、ぞっとします。

わたしは、もともと看護師になる前から、体が弱くて体力がありませんでした。これまではなんとかやる気で乗り切ってきたけど、もし今後同じようなことがあったら大変な事故や医療ミスに繋がるかもしれないと思い怖くなりました。

 

■看護師転職サイト会社って?

「もう少し、ゆっくり働ける職場ってあるんだろうか?」

わたしは、新卒で働き始めたのが今の職場だったので、他の職場がどういったところなのか知りませんでした。もちろんハローワークなんて利用したこともないし、転職をするときは何をどうすればいいのかわかりませんでした。

その時スマホで検索していたら『マイナビ看護師』という会社が出できました。マイナビは聞いたことがあるなと思い、そのサイトを閲覧してみました。


<マイナビ看護師の良い点>

・求人数がほかの会社に比べてとても多い。

・あって話すキャリア面談に力を入れている。

・現場で働いている看護師から情報取集をしている。

・会社の認知度が高いので、様々な医療機関から信頼されている。

・定着率の高い職場を紹介する。

・転職後もアフターフォローをしっかりとおこなう。

・無理な勧誘は一切しない。

 

わたしの看護師の転職サイト会社のイメージは、しつこくて強引に転職させられてしまうといった嫌なイメージでした。でもここは大手だし、社員教育もしっかりしていそうと思い、登録しました。登録後にすぐに担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ました。

 

■キャリア面談をする

「よっかたら、会って詳しくお話しませんか?」

わたしは、勤務が休みの日に面談しに行きました。面談室にはスーツを着た笑顔が爽やかな女性がいました。

わたしはこれまでの自分の経緯を話しました。話している最中になんだか自分が情けなくなって涙が出てきました。そんなわたしの話を、担当の方は頷いて聞いてくれました。

 

「それは大変でしたね。今まで頑張ってこられたのですね。とても立派な看護師さんですよ。田中さんはこれからどう働きたいですか?」

 

「そうですね……。出来れば自分の体力に合った職場でずっと働きたいです」

 

そういうと、担当の方は『クリニック』をすすめてくれました。

「クリニックなら外来のみがほとんどですし、患者さんの来院数が少ないところならさほど忙しくありません」と教えてくれました。わたしは、クリニックで働くという選択を考えてはいませんでしたが、もし自分らしく働けるのであればそこがいいのではないだろうかと思い、求人を探してもらいました。

 

■クリニックに転職が決まる

その後はわたしも勤務が忙しかったので、電話とメールで対応してもらいました。

マイナビのホームページに掲載されていた通りで、求人紹介がとても多かったです。その中から担当の方と話し合って厳選しました。面接する前に担当の方から求人の職場へ、体力面で自信がないことも伝えてもらいました。

どこの職場も、軽度ならそれは問題ないと言って下さりました。

わたしは安心して面接に挑み、その後合格して新しい職場で働き始めました。

 

■『マイナビ看護師』を利用してみて 

『マイナビ看護師』を実際に利用してみて、良かった点はやはり直接会って話すキャリア面談がとてもよかったです。

マイナビ看護師の相談会場は、全国に17ヶ所設置されていて、そこでキャリアアドバイザーと会って転職相談を受けることができます。相談の他にも、履歴書や職務経歴書、面接の相談もしてもらえるので、直接アドバイスを受けることができわかりやすかったです。

なにより会って話すことで、キャリアアドバイザーと信頼関係が築けるなと思います。

 

次にもし転職する機会があったら『マイナビ看護師』で転職活動をしたいと思っています。

今現在転職を考えている方がいたら、ここの会社を是非おススメしたいです。